FC2ブログ
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト日々の日記  »  ブロン液で中毒になる
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風邪がなおった後の咳が止まらない
(正確に言うと風邪は治っていないのかもしれないけど)

これって毎度毎度のことで、痰もでない乾性咳嗽。
花粉症とか蕁麻疹を持ってるからアトピー性の素因があるんだろうなぁー
咳喘息かアトピー咳嗽なんだろうと素人判断してます

かかりつけの病院の先生はいわゆる気管の炎症を抑える薬とかオーソドックスなやつを
処方してくれるんだけどそれだけでは発作的にでる咳が押さえられず苦しい時もしばしば。

ちょっと薬局に行ってリンコデの入ってる薬を買いに行ってきました
実際に購入したのは、なんとなしに手に取った、新ブロン液エース
液剤って持ち運びに不便なので、液剤と錠剤を一つずつ手に持ってカウンターへ。
そしたら管理販売士さんが『こちらのお薬はお一人様一つとなっておりまして』とのこと。
そのときはあまり不思議に思わなかったのですが、あとで調べて見たら合点がいったのでメモ代わりに。




その昔、ブロン液は、dl-塩酸メチルエフェドリン40㎎とリン酸ジヒドロコデイン30mgを含有していた。
つまり
dl-塩酸メチルエフェドリン  エフェドリン(アッパー作用)
リン酸ジヒドロコデイン    コデイン(ダウナー作用)


今でこそ1瓶あたりの容量は120mlとそれなりにありますが、昔は30mlだったそうで一気のみ出来ますね。
がばがばっと何本か飲んでお手軽トリップ?
(ちなみにあのヤクルトが65ml。)

今は処方が変わっていてdl-塩酸メチルエフェドリンは入っていない様ですが
これらの要因で『お一人様1本』制限があったと推察。sales品のたぐいではなかったです


ホムホムとひとり納得したのですが、錠剤の成分を見てみるとこっちは成分が変わってないですね。
まぁ錠剤を大量に飲み込むのも至難の技だから、そのまんま?



いやしかし。
このブロン液、咳にバッチリ効きますわ。
クセになりそう。

NEXT Entry
おはよう♪ グリーンダカラちゃん♪
NEW Topics
('_')
FF14 タイニークァールに一撃死
FF14 新しいマウントの入手方法は…
FF14 18日で1割引です。
FF14 さて、なにから始めようか
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
かうんたー

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。